イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2022.07.25

ブナの森の黒いやつ

本日7月25日のぶなの森では、

あちこちで黒いやつが樹の幹を右往左往している光景がありました。

黒いやつの正体は

こいつです。

「クロカタビロオサムシ」

この虫がいると食べられた葉っぱがあちこちに落ちています。

ブナアオシャチホコ蛾と言う蛾の幼虫が大量発生すると、

沢山のブナの葉っぱが食べられてしまいます。

しかし、

そんな森のピンチを救ってくれるのが、

このクロカタビロオサムシなんです。

ブナアオシャチホコの幼虫を食べてくれるため、

ブナの森の葉っぱが無くなるのを防いでくれます。

ブナの森ならではの食物連鎖がそこにあります。

がんばれクロカタビロオサムシ!

 

そして、

今日もコエゾゼミは絶賛羽化中です。

今から出るところです。

いつ行っても色んな出会いがある場所、

それがブナの森です。

 

すなぴー

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2022.07.25

2022年8月
« 7月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

ブログ内検索

最近の記事

過去の記事