イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2014.11.29

スキーで森へ行こう!自分をお試しください。

   四季の移ろいが美しい北緯40度の  安比高原

 冬の自然はとにかく美しい!

 雪と森が作る幻想的な風景は日本の冬の特徴でもある。

西森山から少し奥まで歩くと美しく・清々しいアオモリトドマツの森。

森へスキーアオモリトドマツ0

 

さらに歩いて大黒森の先へ行くと、アオモリトドマツは白く輝く樹氷を見せてくれる。

スキーで森へ行こう3

 

青空を背景にダケカンバを観ると、樹氷の枝はまるでサンゴのようだ。

Ⅰスキーで森へ行こう

 

森を滑ると雪はふぁふぁだ。

風は樹林で和らげられるため、雪は深くて・軽くて・抵抗が少ない。

ゆっくりと、V字でも、後傾でも、滑れるが、はじめは誰も怖いと思う。

スキーで森4

 

はじめて浮遊感を味わった人は、脚に力が入らずどうしていいかわからない。

だから思わず笑ってしまうようだ。

これは嘘でない。

森すきーへ行こう

スキーで森3

 

登っても! 滑っても! 誰でも・雪で・森で・遊ぶことは楽しい。

人は遊び(成長)を求め体験したことにない未知を想像し、そして挑戦して成長する。

挑戦は大きいほど達成感も大きく、繰り返すことで自ら「意志」までも養う。

スキーで森2

人は「体験」するから普段考えないことを考えるようだ。「触発される」とも言う。

そこで、知っているようで知らない「自分」と言う自然に出会う。

普段の生活に物足りなさを感じる人は、本気に雪山の遊びにチャレンジしてほしい。

それも諦めずに何度かチャレンジしてほしい。

雪山の体験で自分を試してみてください。

こうちょう

 

 

 

 

 

 

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2014.11.29