イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2014.11.28

ゲレンデ脇のアビエス

早いもので11月も残すところ3日となりました。

年末が近くなり、街もクリスマスのディスプレイが目立ってきましたね~。

自然学校でも倉庫に眠っていたワイヤーの入ったツリーに飾り付けをしました。

 

20141128ツリー

 

アメリカでは年間数千万本もの生木のツリーが流通しているといわれますが、

クリスマスツリーとして使われる木は常緑針葉樹が多く

なかでも、学名アビエス=ラテン語で「永遠の命」という意味のある

モミの木が一般的に多く使われているそうです。

ツリーに使われるのは幼木ですが、世界中には1000年以上も

生きているモミの木が多くあるといいます。

 

日本ではツリーの他に、神社のお札や願いごとに使う絵馬としても利用されています。

 

20141128もみの木

 

スキー場のゲレンデ脇にも2000年に植樹されたモミの木があります。

そして毎年クリスマスには白い雪で飾り付けされます。

どこまで大きくなるのか、見守っていきたいですね。

みっち~

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2014.11.28