イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2018.07.06

ヒメボタルの近況と最近の体験

今年は7月に入ってから、

ヒメボタルが飛びかい、

日々に期待をしていたところ、

連日雨や濃霧でヒメボタルが姿を現さない、

寂しい状況となっております。

7月5日までの観察状況は

 

7月1日 晴れ 25℃ ヒメボタル50匹

7月2日 晴れ 24℃ ヒメボタル50匹

7月3日 晴れ 25℃ ヒメボタル100匹

7月4日 雨  22℃ ヒメボタル6匹

7月5日 19時40分頃

     くもり(強風) 20℃ ヒメボタル30匹

     21時

     濃霧(強風)  12℃ ヒメボタル姿見えず

今後も、

天気が晴れていて、

気温が20℃を超えているときは

期待を大きく持てますが、

低温・雨・霧となると、

ホタルを見るのは厳しい条件となります。

雨降り後の晴天に希望を持ちたいと思います。

これからピークを迎えるにあたり、

天気の回復をねがいます。

 

そんな、

ヒメボタル生息地に強力な助っ人が来てくれました。

p7054769 p7054771

7月5日、

滝沢市の中学校の生徒さんが

安比高原での職場体験で、

ヒメボタル生息地の環境整備を手伝ってくれました。

おかげで、

森の中が大変綺麗になりました。

蛍も喜んでると思います。

 

その日の夜は、

東京からお越しいただいた、

中学校のキャンプファイヤーがあり、

大変盛り上がりました。

1530858380291

翌日は、

ブナ林散策をして、

東京では出来ない貴重な思いでになったのではと思います。

 

先日こんなのみつけました!

1530858328492

ミヤマダイコクコガネ、

一見カブトムシっぽいですが、

牛や馬の糞に集まる、

糞中の一種です。

安比高原は馬・牛の放牧地でもあるので、

森の中だけではない、

生物の多様性を感じました。

 

すなぴー    

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2018.07.06