イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2016.08.18

雨にも負けず 風にも負けず 咲く小さな花

 

台風一過、本日は朝から太陽がまぶしい安比高原です。

 

一昨日ホテル前のゲレンデの芝の中で見つけた、小さな小さな花があります。

昨日の雨と風でどうなったかな?

心配しつつゲレンデへ行ってみると、

 

ありました、ありました。

 

夏になると必ず顔を出す、小さな小さな花。

ネジバナ

20160818nejibana

ラン科のこの植物は身長約10~20cm、ピンクと薄いピンクの小さな花が

らせん状についています。

右巻き、左巻き、中には途中からねじれているものなどあります。

 

そして花の直径約8mm、小さな小さなゲンノショウコ。

20160818gennoshouko

こちらは生薬として有名で、腹痛の即効薬。

本当に効くことから「現の証拠」という名前が付けられたそうです。

どちらも下を注意深く見ていないと踏んでしまいそうです。

でもよく見るととっても可愛い花です。

 

そしてゲレンデ脇にはクサフジ。

20160818kusafuji

これはマメ科の植物で、葉っぱの先端が巻きひげのようで面白いです。

雄大な安比の自然ですが、時には足元にも小さな美しい自然があります。

 

今日は下ばかり見て花を探していたので、こんなものも発見!

20160818kamikiri

ゴマダラカミキリムシ・・・。

 

みっち~

 

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2016.08.18

2021年10月
« 9月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログ内検索

最近の記事

過去の記事