イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2016.02.27

スノーシューで行く「あるぐう」

今日は好天の中、東京からのお客様3名と一緒に「あるぐう」を歩きました。

ピリッと冷えていますが、陽光の中、風もなく、寒さは感じません。

ss02

「あるぐう」は一周約1,300m、高低差は約50mあり、

晴れると七時雨山、田代山、御月山、稲庭岳を眺めることができます。

ss05

一番高い所にはスタッフが作った「お茶っこ処」があり、森の中でティータイムを楽しむことができます。

今日は意外と暖かく感じたので、お客様と山登りの話で盛り上がりました。

ss01

コースの終盤は肥料袋を利用したソリ遊び。

岩手の方言で「ケツゾリ」と言います。

自然の傾斜を利用して作ったコースはスリル満点!

大人も子供も夢中になります。

ss03

ss04

冬の安比高原はスキー、スノーボード以外にもいろいろな楽しみ方があります。

今日のお客様は昨日までスキーをしていましたが、

ゲレンデ以外のアクティビティを楽しみたいということで、スノーシューの散歩に参加されたようです。

皆様もたまにはゲレンデを離れて、自然を体感してみませんか。

安比高原自然学校は様々なプログラムを用意して、皆様の参加をお待ちしております。

カズⅡ

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2016.02.27

2021年10月
« 9月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログ内検索

最近の記事

過去の記事