イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2014.05.27

森の女王と森の使者

 

今朝は濃霧の安比高原でしたが、日中は一転、爽やかな5月の青空に変わりました。

今月の初めにはまだまだ雪景色だった安比高原は、もの凄い速さで青々した景色に

変わり、眩しいほどの新緑と木々には色とりどりの花も咲き始めました。

そんな中、ひときわ目立つ大きな白い花。

 

ホオノキの花を見つけました。

 

ホウノキは下駄や楽器などに使われ、葉っぱホウバ味噌でもお馴染みですが、

その大きな葉っぱは殺菌効果もあり古くから食器代わりとしても使われていたとか。

そんなホウノキの花はモクレン科でとてもイイ香りがします。

気品漂う香と姿は、まるで“森の女王”のようです。

 

ほうの花01

 

ほうの花02

 

そして、今日は安比高原から少し下った里山農家さんのところで、

可愛い森の使者“カモシカ”さんとも遭遇。

かなり遠かったのですが、カメラを向けたらこっちを向いてくれたサービス精神旺盛な森の使者でした。

 

かもしかくん0527

 

みっち~

 

 

 

 

 

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2014.05.27

2021年10月
« 9月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログ内検索

最近の記事

過去の記事