イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2015.02.26

防寒対策はしっかりと!

今日もぽかぽか陽気の安比高原です。

そんな中あるぐぅに行ってきました。

 

ここ最近降雪が無いので、雪は固かったです・・(汗)

でも今夜から雪予報なので、またふかふかの雪に戻るのを願います!

 

さてさて、今日あるぐぅで見つけたモノ。

 20150226-touketsu

木に縦に一本の直線が入っています。

これは何の跡でしょう???

 

答えは凍裂(とうれつ)と言って、冬、樹木の幹の中にたまった水分が凍結して堆積が増えた水分が、樹木を切り裂いて割れる現象のことをいいます。

広葉樹の大半は秋に葉を落とすことで水分補給をしなくなるため、冬は水分の少ない乾いた状態になります。

でもなかには水分が必要以上にある場合や、長時間厳しい寒さが続くと幹の中に残った水分が凍結し凍裂が起きます。

凍裂という現象もおもしろいですが、木は木で冬に備えてちゃんと防寒対策しているんですね。

はたぼー

 

 

 

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2015.02.26

2022年8月
« 7月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

ブログ内検索

最近の記事

過去の記事