イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2015.02.23

春が近づいているようです

今日は朝からお天気が良く、

春を思わせる陽気です。

昼前にはホテルゲレンデ出入口の温度計は

10℃を越えていました。

スノーシュー散策コースあるぐぅの森はこんな感じ↓

onigurumirin

雪の中で必死でエサをついばんでいた

コガラ↓ たちも、気分よくさえずりだしました。

kogara

昨日あたりから、スノーシュー散策コースでは

雪上をセッケイカワゲラ↓が何匹も歩いているのを

見かけました。

sekkeikagerou

成虫ですが羽はありません。

春に卵から生まれた幼虫は秋まで川底で落ち葉を食べて暮らし、

冬になると雪上にあらわれて、太陽光をたよりに

ひたすら上流の自分の生まれた場所を目指して歩くそうです。

雪上で活動できる少し変わった昆虫です。

でも高温には弱く、人の手のひらの温度でも

弱ってしまうとのこと。見つけても触らずそっとしておきましょう。

カワゲラの仲間は非常に綺麗な水質を必要としますから

そういった環境を大切にしたいものです。

予報では明日もお天気が良いようです。

ホテル裏の森、ゲレンデ脇の森に出かけてみませんか?

ゆき

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2015.02.23

2021年10月
« 9月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログ内検索

最近の記事

過去の記事