イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2017.08.19

夏休み後半戦❁

こんにちは!自然学校のかほです。

ここ最近、霧に覆われている安比高原です。

毎日このような感じです↓↓

img_6691

とても涼しくて、夏の終わりを徐々に感じ始めております…

夏が大好きな私はさびしい気持ちでいっぱいです…(泣)

 

さて本日は、自然学校内とこしぇるべの可愛い材料たちを少し紹介したいと思います。

img_6699 img_6707

まずはこちら。

左の写真は、数字やアルファベットの粘土文字パーツです。

時計や看板など木工系の作品の時に使用される方が多いです。

実はこれ1つ1つスタッフが手作りしています!

1つ20円の有料パーツですが、たくさんの方が使ってくださるので、

作ったスタッフ一同喜んでおります(*^_^*)

右の写真は、ジェルキャンドルの中に入れるガラス細工です。

とっても可愛らしいですね。今なら夏限定でヘラクレスもでていますよ~!

 

img_6709

こちらは入口にある見本コーナーです。

ここで皆さんに作りたいものを選んで頂きます。たくさんあって迷ってしまいますね!

看板・時計・写真立て・貯金箱は、8月31日までの夏休み期間限定ですので、

今のうちですよ~~~(^^♪

 

ちなみに自然学校の外には、

カブトムシやトンボの標本やトレッキングについての資料などが掲示されております。↓

img_6710

ぜひお立ち寄りください。おもしろいですよ~~!!

夏休みも後半戦!お待ちしております!

 

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2017.08.19

2017.08.17

夏のプログラムを終えて と 秋の告知 と 奥のまきばの花情報

夏のプログラム

“昆虫の王様 カブトムシを捕まえよう!”

“安比高原の天然ホタル観察会”

共に終了致しました。

カブトムシ捕りは自然学校のプログラムになる前は

フロントで私が行っておりましたが、

その時から比べても、

今年が一番多かったです。

 

ホタル観察は

お盆期間、濃霧の日が続き中止となる日もあり残念な所もありますが、

ホテル裏のヒメボタルは今年のピーク時は過去最高の数が観測されました。このヒメボタルの生息には

・自生している樹木の植生

・潤いが保たれる環境

が関わりがあると思いますが、

一番の影響は、人の手で刈払いをしている事だと思われます。

人の手をかけないと、背丈の高い笹薮になりますが、

笹の藪化を防ぐことにより、植生がシダ植物やフキなどが中心になると

積み重なった落ち葉に日の光が当たりづらくなり、

湿った環境になることで幼虫のエサとなる、

カタツムリ、キセルガイなどが繁殖しやすくなり、

ヒメボタルも増えたと、

私の勝手な推測ですが・・・

その流れで嬉しいことがありました。

安比のヒメボタルを撮影した、

秋田の佐藤様より、素敵な写真をいただきました。

%e3%83%92%e3%83%a1%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%ab2

佐藤様、ありがとうございます。

 

夏が終われば秋です。

秋といえば紅葉です

2017%e5%85%ab%e5%b9%a1%e5%b9%b3%e7%b4%85%e8%91%89%e8%a6%8b%e9%a0%83%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc

この度、安比・八幡平の紅葉スポットの見頃を表したMAPを作成いたしました。

この紅葉の時期に合わせ、

車で移動しながら車窓の景色を楽しみつつ、

現地で、ガイド付き散策で歩いて楽しむプログラム

“安比高原・八幡平の紅葉めぐり”

こちらは期間中毎日開催のプログラムです。

2017%e5%85%ab%e5%b9%a1%e5%b9%b3%e7%b4%85%e8%91%89%e3%82%81%e3%81%90%e3%82%8a

自分でトレッキングを楽しみたい方には

安比周辺のおすすめの歩き方の紹介を入れた

2017%e5%85%ab%e5%b9%a1%e5%b9%b3-%e5%ae%89%e6%af%94%e9%ab%98%e5%8e%9f%ef%be%84%ef%be%9a%ef%bd%b2%ef%be%99%ef%bd%ba%ef%bd%b0%ef%bd%bd

ガイド付きで時期に合わせたトレッキングに参加されたい方には

2017%e5%b1%b1%e6%97%85%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-%e7%a7%8b

上記のトレッキングツアーを計画しております。

後日、HPにも詳しく掲載されますので、今回は予告です。

 

最近の安比周辺で花の目立つところは

奥のまきばです。

p8162069

生産量日本一を誇る、安代りんどうのルーツ

エゾオヤマリンドウ

咲き始めてます。

p8162074ハクサンシャジンの群落の後ろにヤナギランの群落

p8162077

ミズギクの群落

p8162081

足元には

ヤマハハコ

と、各種花々取り揃えておりますので、

自然の花を楽しみたい方は

奥のまきばへ!

 

長くてごめんなさい。

 

すなぴー

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2017.08.17

2017.08.16

カブトムシ総括

今シーズンのカブトムシ捕りも終わりを迎え始めました。

オスカブトが捕れなくなりメスばかりがバナナトラップに掛かります。

dsc_1301

このオスカブトは7月に捕ったものです。

戦いの跡が背中にありますね。

子供たちの人気者です。まだ現役。

dsc_1306

今年のバナナトラップは泡盛を使いました。

効果抜群でした。

来年も泡盛でバナナを醸していこうかな。

dsc_1308

飼育ケースの中は沢山のカブトムシの卵が産まれています。

自然学校では来年の為にもといた場所に卵や幼虫を戻す活動をしています。

来年もまたみんなを楽しませて欲しいですね。

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2017.08.16

2017.08.15

安比のヒメボタル

こんばんは!自然学校タカです。

お客様より7月10日撮影した安比のヒメボタルの写真を

いただきました。こんなに綺麗に撮れすんですね!

%e3%83%92%e3%83%a1%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%ab

                               フォトby秋田の佐藤俊之さん

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2017.08.15

2017.08.14

霧の中なの幻想的なブナの森

こんにちは!自然学校タカです。

安比高原は連日霧です。森の中は幻想的な風景です。

img_0609

ブナ林では霧の中ので写真を撮ったり、美味しい空気を吸ったり、気持ちいい時間をすごしてきました。

img_0604

都会の方々には、涼しい安比高原を写真で楽しんでください。森の中は19度でした。

上海からお越しのお客様をご案内いたしましたが、上海はなんと40度もあるそうです。

田舎ものの私には暮らせません。

安比高原で涼しい時間を楽しんでいってくださいね

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2017.08.14

2017.08.13

「やませ」の文化風景「南部馬」と「芝草原」

 皆さん「やませ」を知っていますか?

 

オホーツク海に停滞する高気圧から北日本の太平洋側に吹きこむ冷たく低層の霧の事です。

今から24年前の1993年(平成5年)の「やませ」は非常に強いもので、なんとお盆にコタツで過ごした経験があります。その夏の低温と日照不足は全国的な冷害をもたらし、ここ安比川流域の米の収穫はゼロでした。国内では一時米不足騒動となり、緊急的タイ米・カリフォルニア米を輸入したことは多くの方が知っています。あの年は他国のお米の味覚について様々な評価が記憶に残っています。

その「やませ」が今月初旬ごろから急に強くなっており今も続いています。 連日霧雨の安比高原でお過ごしの方は夏の爽やかな安比高原をご提供できず残念ですが、今の「やませ」の体感は大切な記憶と思います。

 

そんな中で今日は安比高原が大好きなご家族を、霧につつまれて幻想的な「中のまきば」にお連れして、放牧の「あっぴ馬たち」を見せてきました。 

%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%81%ae%e9%a6%ac

50mほどの視界の中、「お~い・お~い」と呼び寄せ待つこと1分、霧の中から先ず1頭が見え、その後に2~4頭とあっぴ馬たちが近づいてきました。

%e4%bb%96%e3%81%ae%e9%a6%ac%e3%81%9f%e3%81%a1

 

いつもと比べておとなしい感じです。

良く見ると7月と比べて随分とアブが減っていて楽になったようです。

%e9%a6%ac%e6%85%a3%e3%82%8c%e3%81%9f

8月まではアブに襲われながら慌ただしく草を食べているあっぴ馬たちにとって「やませ」は最高の環境のようです。夏の時期はこんなにアブがいるんです。

 

%e3%82%a2%e3%83%96%e3%81%a8%e9%a6%ac

 

さっそく顔をなでたり草を食べさせたりしながら馬に慣れて来たようです。

霧につつまれ涼しいまきばの中、ゆっくりとした時の中で、あっぴ馬たちと家族の思い出ができたようです。

 

 

%e3%82%a8%e3%82%b5%e3%82%92%e3%81%82%e3%81%92%e3%81%9f

 

「やませ」と聞くと過去には冷害や悲惨な歴史などとマイナス要素ばかりとなりますが、逆にこの気候・自然環境を活かして育んだ文化もあります。

それは「やませ」の低層霧がもたらしてくれる涼しさと水分が夏の天然芝の生育に適し、放牧されている在来馬にとっては恵まれた環境だったわけです。

この北東北の太平洋側の自然環境が平安時代に「蝦夷馬」、江戸時代には「南部馬」と呼ばれるブランド馬を生産してきた地域なのです。軍馬との関わりは大きいですが、生活文化においても「馬車」や「馬そり」「馬耕」そして材木を深山から引っ張り出す「馬搬」で重要な役割を担ってきました。

i%e5%ba%83%e5%a4%a7%e3%81%aa%e5%ae%89%e6%af%94%e9%ab%98%e5%8e%9f

トラクターや大型機械に代わってしまった現代、在来馬は働く機会を失いその頭数が激減し、美しい芝草原が消滅の危機に立たされています。あっぴ馬たちはそんな中で毎日草を食べながら環境を保全してくれています。

地域の自然環境を知り活かす知恵がこの地方の馬放牧文化を1000年育んだできました。

私たちは自然との関わりを持続可能にするためもう少し考えることがあると思います。

大切にしよう地域の文化を! こうちょう

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2017.08.13

2017.08.12

山の日トレイル

8/11は山の日トレッキング、

「八幡平(黒谷地)から安比高原へ快適ロングトレイル」

がありました。

安比高原は連日霧に包まれ、山を歩くには不安な状況でしたが、

出発の八幡平黒谷地は

p8112025

雲の上の快晴です!

8:30分トレッキングスタートです。

湿原のお花たちを眺めながら木道を進むとp8112027

見晴らし台に到着、

周りに人がいなくとても気持ちいい場所です。

亜高山帯の針葉樹を抜けると

p8112029

茶臼岳に到着

p8112031雲海が広がり清々しい眺望です。

緑の中を歩くと、たくさんのヒキガエルと出会い

恵比寿森、

p8112033

大黒森

p8112038

屋棟岳

p8112047

西森山を経て、

歩き続けた体には少し厳しい前森山を登り

本日の9.5㎞のロングトレイルの最終地点山頂に着くと

p8112051

雲の中です。

ここまで来れば天気が悪くても大丈夫!

ゴンドラで降ります!

疲れた体には、700mの標高差を降ろしてくれる優しい味方です。

ゴンドラを降りると山麓が一番寒かったです。

標高の高い方が暑い自然現象の不思議を体感出来た

山の日となりました。

ご参加の皆様ロングトレイルお疲れ様でした。

 

山の日という日、山に登らなくても

火山活動によって地表まで届けられる温泉や、

山から注がれる川に触れたり、

山からの採掘で資源を調達していた鉱山跡を見学したり、

里山文化に触れてみる、

山からの恵みを味わうなど、

人それぞれに山からの恩恵を考える日としてもらえれば

より良い日本の休日となる様に思えます。

 

そして、秋のトレッキングも計画中ですので

よろしくお願いします。

 

すなぴー

 

 

 

 

 

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2017.08.12

2017.08.11

今日は山の日、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

こんにちは!自然学校タカです。

今日は山の日で自然学校でも黒谷地湿原から安比高原の縦走を開催しております。

安比高原を車でスタートしたときは霧で視界が…

kxhcm1

旧八幡平スキー場のご在所で標高967m気温17度、曇りで涼しい!

でもまだ、曇り模様。徐々に車で走り標高を上げると

img_0580

雲海になっておりました。

ラッキー。ここは標高1255m源汰岩の駐車場付近です。

ここからは別世界↓

img_0559

中央奥にはモッコ岳が見えます。

img_0574

熊沼から岩手山の雲海です。

山の日だけに、今日は山に行かなくてはなりませんね!

岩手山の山頂付近は晴れていますね!

詳しくは砂ピーのブログを楽しみにして下さい。

 

 

 

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2017.08.11

2017.08.10

世界で一つの作品作り❀

こんにちは!自然学校のかほです。

本日は「こしぇるべ」にたくさんのお客様が来てくださいました!

そこで、一部のお客様の作品を紹介させて頂きたいと思います(^_^)

 

 img_6685 img_6682

こちらは、貯金箱を作ってくれたお友達です。

木のチップを使った屋根の装飾は、瓦の屋根のようでとてもかっこいいですね!

その隣の写真立ては、男の子のお母様が作って下さいました。

芸術的で素敵な写真立てですね!

 

img_6683 img_6686

こちらも貯金箱ですね!

木のチップや葉っぱなどを使って作ってくれたふくろうが良いアクセントになっていますね!

お母様と息子さんの素敵な共同作品です!

右は天然石のブレスレットです。こちらは女の子が作ってくれました!

女の子らしい繊細なデザインで美しいですね!たくさんパワーがみなぎってきそうです☆

 

img_6688 img_6687

最後に紹介するのはこちらです。兄妹で作ってくれました!

女の子チームはジェルキャンドルを、お兄ちゃんは万華鏡です。

ジェルキャンドルは女の子らしいとてもキュートな仕上がりになりました!

お兄ちゃんの万華鏡も中に押し花や押し葉の自然素材を入れ、

普通の万華鏡とは一味違う素敵な万華鏡になりました!

 

この他にもたくさんのお客様が世界に1つだけの素敵な作品を作ってくれました。

こしぇるべは9時半から17時最終受付で8月31日までは毎日営業しております。

(9月1日から11月26日までは土日祝日の営業になります)

夏の思い出に創作体験を一緒に楽しみませんか(^_^)?

 

 

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2017.08.10

2017.08.06

ウバユリ咲いてます❁

こんにちは!自然学校のかほです。

昨日からトミカ博や山頂の天空アドベンチャーなどがオープンし、

さらに賑わいをみせる安比高原です(^^♪

創作体験「こしぇるべ」にも、夏休みの一作品を作りに続々と皆さん来てくれています!

今年は本館1階自然学校の1会場のみでの営業となりますが、

トミカ博や外で遊んだ後などにぜひお立ち寄り頂けると嬉しいです!

 

さて、そんな中本日は「こしぇるべ」を少しの間抜けて、「あるぐぅ」を少しお散歩して参りました。

img_6668

img_6669

こちらは先日ブログで紹介した時にはつぼみだった、ウバユリです。

花が咲いていました。背が高いです…背が小さい私はすぐ追いつかれてしまいそうです…

img_6678 img_6680

ウバユリは花が終わると楕円形の果実がつきます。

中には薄っぺらい種がたくさん入っています。

上の写真がその果実と種です。種の方は最初に見たときニンニクスライスかと思いました。

この2つは「こしぇるべ」で工作するときの材料としても使わせて頂いております…❁

 

img_6676

こちらはオオバギボウシです。

春に芽を出した直後の若葉は、ウルイと呼ばれ山菜として愛されています。

白っぽいような紫っぽいような色のお花が綺麗ですね…

 

img_6677

おまけです。本日は天気が良かった為パラグライダーの皆さんがたくさん飛んでいました!

気持ちよさそ~と私たちも声を揃えておりました。

 

楽しい夏休みは始まったばかり!

皆さん安比高原で夏の思い出を一緒に作りましょう(*^_^*)

 

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2017.08.06