安比バックカントリーツアーズブログ/安比高原オフィシャルブログ

2020.03.13

3月5日疑似好天を確認(観望天気)

こんばんは、ABC’TのJunです。

3月5日は昼から悪天が安比を覆い、

3月6日は強い冬型になり強風が吹き荒れておりました。

この写真は5日午後3時半ごろから4時ごろ撮れた写真です。

数分前までは、猛吹雪が吹き荒れ視界も悪く、遠くまでは見えなかった状況とは見て取れない好天に思える写真ですね。

この後も、おおよそ40分~1時間ほどで、また雪が強く降り始めました。

では、一体何が起こって悪天の隙間に晴れ間がさしたのでしょうか。

この現象を「疑似好天・疑似晴天」といいます。

この日の気圧配置は、東北を挟むように日本海低気圧と南岸低気圧が接近し

二つ玉低気圧となって、日本を襲いました。

疑似好天に様々な理由がありますが、この日の現象は二つの低気圧に挟まれることで

一時的に下降気流が発生し、積乱雲や乱層雲など雲の発達が抑えられ、一時的な好天をもたらされたと考えられます。

このように、天気が回復したように見られ、後程悪天に見舞われることがある気象条件を疑似好天といいます。

山では、この疑似好天によって気象遭難などが引き起こされることもしばしばございますので、皆様山に行くときは天気図など、しっかり確認して楽しい山ライフをお過ごしください!!

投稿者: 安比バックカントリーツアーズ | 日時: 2020.03.13