風の詩 星の詩/安比高原オフィシャルブログ

2014.10.16

八幡平・十和田エリア日帰りツーリング

こんにちは、obatatsuです。

昨日台風一過の10/15(水)、今日は天気が良いだろう。と久々にバイクをひっぱり出し気の向くまま日帰りツーリングに出かけてきました。

四半世紀前の250ccのボロバイクですが、そこはさびしい一人旅、写真を撮ってはすぐ出発(それも平日)というまさに走り満喫の行程ですので、時間は参考にしないでくださいね。

たまにはこんな気ままな1日もいいかな、と。

 untitled

9:25 朝はこんな感じ、“天気は最高だー”とテンションが上がるも、もう朝晩寒いです…テニスクラブのコートから見た前森山

さて、ペンション街からセカンドを回り松尾八幡平インター方面に、この道は“安比レインボーライン”といいます。でもインター方面に左折せずそのまま直進、産直“松ちゃん市場”の交差点も直進、ひたすら直進直進直進。すると、焼走りから樹海ライン入り口・森の大橋まで一気に岩手山下を走る“岩手山パノラマライン”にぶつかり、右折で森の大橋へと向かいます。

 

 untitled

9:25 パノラマラインからみた岩手山(山頂には冠雪が…)

untitled

10:00 森の大橋から

森の大橋からいったん下り、アスピーテラインから頂上へ登り、そのまま341号線へ抜け鹿角方面へ。途中コンビにでおにぎりと缶コーヒーで朝食をとり、日光浴で温まる。その後鹿角の道の駅でトイレ休憩。

今回はバイクということもあり、久しぶりに樹海ラインから十和田 へ向かおうと小坂町に入る。康楽館、小坂鉱山事務所といった観光スポットを突っ切り、お昼にしようと“黒鉱カレー”で有名(?)なレストラン青銅館へ。もちろんカレー目的で行ったのだけれど、テーブル上にあった“十和田湖高原ポーク・桃豚(ももぶた)”の紹介に興味が湧き今回はランチにしてみました。

untitled

12:30 期間限定ランチメニュー“桃豚角煮丼”。ぜひご賞味あれ。

食事もそこそこ、日暮れ前に帰るぞーと、いよいよ樹海ラインへ。走り始めてすぐ“七滝”に立寄り写真を撮った後、またまた“砂子沢ダム”の標識が目に入りUターンしてわき道へ。バイクは小回りが利いて良いのです。それにしても何故かダムは立ち寄ってしまうなあ…。

untitled

13:20 七滝

untitled

13:30 立寄って正解“砂小沢ダム”の紅葉

そして更に、標識を見つけた笹森展望所(標高840m)へもふらりと立寄り、岩手山を見てちょっと感激。

untitled

13:45 真ん中の岩手山わかるかなあ?

そして発荷峠から十和田湖へ。R103が湖畔にぶつかるT字路を左折し、和井内方面へ。途中標工高の高いところで写真を1枚撮ったらカメラのバッテリーが終わってしまいました…。

untitled

13:50 発荷峠から

 

untitled

14:20 本日最後の写真…。

湖畔を時計回りで2/3周ほど走り、R454から新郷方面へ、その後迷ケ平~田子町~二戸市~八幡平市と進み、安比高原帰着は17:00でした。

十和田からの帰路も、道路も景色も最高です。写真がなくて残念!

今回はあえて定番観光地を外し、お気に入りのポイントを探して歩く・流れる景色そのものを楽しむ・標識をみつけて気ままに立寄る など1日楽しんできました。

秋の景色はまだまだたのしめますよ。あ、でも八幡平アスピーテラインと樹海ラインは10/20から夜間通行止め、11/4 17時~来年4/17まで通行止めの予定だそうです(観光協会HPより)。

が、このあとは道路状況を確認してからアプローチしたほうが良いとおもいます。

 

 

投稿者: 安比スタッフ | 日時: 2014.10.16

2014年10月
« 9月 11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

ブログ内検索

最近の記事

過去の記事