風の詩 星の詩/安比高原オフィシャルブログ

2014.10.08

この季節ならではの美味しさを心ゆくまで

今宵は、ヴィラ3和食レストラン「鳥海」よりご案内をいたします。

安比高原は、八幡平の広大な自然からの山の恵み・三陸海岸から海の幸

・収穫を迎える稲穂の広がる田園…..といろいろな風景と食材の宝庫です。

今回は、当レストランからこの季節にしか味わえない!

限定日本酒をご紹介いたします。

岩手県盛岡市あさ開き酒造

秋季数量限定 特別純米酒「ひやおろし」

 P1030765

<豆知識>「ひやおろし」とは、江戸の昔、冬にしぼられた新酒が

劣化しないよう春先に火入れ(加熱殺菌)した上で大桶に貯蔵し、

ひと夏を超して外気と貯蔵庫の中の温度が同じくらいになった頃、

2度目の加熱殺菌をしない「冷や」のまま、大桶から樽に

「卸(おろ)して」出荷したことからこう呼ばれ、秋の酒として

珍重されてきました。暑い夏の間をひんやりとした蔵で眠って

すごして熟成を深め、秋の到来とともに目覚める〈ひやおろし〉。

豊穣の秋にふさわしい、穏やかで落ち着いた香り、

滑らかな口あたり、濃密なとろみが魅力のお酒です。

 

そんな秋限定日本酒と

三陸で水揚げされた秋刀魚・自然の恵みを受けた原木椎茸で、

秋の夜長にしみじみと、この季節ならではの美味しさを

心ゆくまでお楽しみ下さい。

P1030779

スタッフ一同

投稿者: 安比スタッフ | 日時: 2014.10.08

2014年10月
« 9月 11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

ブログ内検索

最近の記事

過去の記事