安比・八幡平 高山植物園スタッフブログ/安比高原オフィシャルブログ

2016.09.17

魅力的な彼女は…

 

こんにちは。お花歴4年のさいとうです♪

 

いよいよ秋の三連休に突入しましたね~

本日の安比高原、秋の風がさわやかに流れる日中は、

フリーマーケットや牧場に遊びにいらしたお客様で賑わっていましたよ♪

夜は花火も上がります!

秋になっても花火が見れるなんて嬉しいですね♪

 

本日は、秋のお花「ウメバチソウ」についてです。

14212092_673779612770687_8922614602486546642_n

↑↑↑上のお花はピンク色の「赤花ウメバチ」という種類。

一般的には白花のウメバチソウの方が有名で、この時期は山のいたるところに

お星さまのようにぽつぽつと幾つも花を咲かせています。

(秋の安比高原に来たことがある方なら、きっと一度は見かけたことがあるはず!)

 

私は個人的に、このウメバチソウの花の構造にとても魅力を感じます***

花の器官がまるで芸術作品のようなつくりをしていますね~。

14370044_677958895686092_6461556390299857316_n

中心が雌しべになり、その周りを囲む何本にも枝分かれした器官が雄しべの変化形で、

仮雄蕊」(かりゆうずい)といいます。

この仮雄蕊の先っぽには玉のような形をした部分がありますが、

これを蜜に見立てて花は虫さんを誘き寄せます。

 

しかし!実はこのウメバチソウ、なんと蜜を持たない花なのです!!(驚愕の事実!!)

見せかけで虫たちを騙して花粉を運ばせ、受粉させるスタイルのウメバチさん。

なかなかの悪女ですね~!私も少し見習わねば。。。

 

ちなみに、「ウメバチ」の名前の由来は、歴史的に有名な人物、菅原道真や前田利家の家紋である

「梅鉢紋」に花の形が似ていることから名付けられたそうです。

 

Km-umebati

 

ちょっとだけ歴史の勉強にもなりました~♪

(私、菅原道真?前田利家??のレベルです)

 

14317560_677958902352758_5012485354880882453_n

花言葉は「いじらしさ」。

なるほどー。これもまた、悪女感を彷彿とさせます。

 

なんだか、知れば知るほど魅力的で興味が湧いてくるお花ですね。

 

みなさんも、高山植物園やゲレンデに咲くウメバチソウを

じーーーーっくり観察してみてくださいね♪

 

投稿者: 安比・八幡平高山植物園(仮称)スタッフ | 日時: 2016.09.17*