イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2020.02.14

ヤドリギの種

こんにちは、自然学校のとちです。森の中を散策していたら、ちょうどいい高さにヤドリギを見つけたので実を取って食べてみました。

手の上にあるのはヤドリギの種です。果肉はとても甘かったのですが、種の周りは粘着物質に覆われていて、ものすごく伸びます。口から出した時、この糸状の粘着物質が唇にくっついてなかなか取れませんでした。

キレンジャクという鳥はヤドリギの実を好んで食べます。消化されずに糞と一緒に出てきた種は、糸状に伸びる粘着物質が木の枝に引っ掛かり、風に揺れて木にくっついて発芽します。

とても面白い繁殖方法ですね。

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2020.02.14

2020年2月
« 1月 3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 

ブログ内検索

最近の記事

過去の記事