安比バックカントリーツアーズブログ/安比高原オフィシャルブログ

2019.03.05

冬なので

今シーズンは全国的に雪が少なく、

これからの大会等のイベントが中止となる情報を耳にしますが、

安比高原は今日現在すべてのゲレンデ雪に覆われております。

 

 

 

 

 

 

 

日本海側は雨にあたる機会も多かった今シーズン、

安比は大雨にならなかったのが今現在雪を保っている要素かと思います。

 

冬はどうなっているのか?

気になる場所があったので、

休日を利用して行ってみました。

1か所目は

安比の奥にある「黒滝」です。

雪の無い時期は奥のまきばまで車で行き、

30分程歩くと行けますが。

雪のある時期はスキー場より先の道は車で行けませんので、

西森リフト~屋棟岳へ向かい、

そこからスキーで滑り降りて行ってみました。

滝の特徴は水がカーブを描きながら流れ落ちる珍しい滝です。

厳冬期ならもっと面白い景色だったのではないかなと思います。

 

もう一か所は

冬の「七時雨山」です。

 

 

 

 

 

こちらも道路が閉鎖されるため、

雪の上を歩く事2時間で、

 

 

 

 

 

雪の無い時期の登山口へとたどり着きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから中央の山頂を目指しましたが、

12時までで行けるところまでと決めていたので、

 

 

 

 

 

手前のピークの七合目までとなりました。

滑り降りるのは斜度が急なものの、

クラストしている雪面をスキー板が進まず

かなり苦戦しました。

 

どちらも雪の無い時期あまり苦労なく行ける場所ですが、

雪があるこの時期、

そこにいる事に感激できます。

 

積雪期に行ってみたいところがある方は

ガイドに案内をしてもらうことをお勧めします。

そんなプライベートガイドのご希望お待ちしております。

 

すなぴー

投稿者: 安比バックカントリーツアーズ | 日時: 2019.03.05