スキー&スノーボードスクールスタッフブログ/安比高原オフィシャルブログ

2017.02.16

マナーについて

残すところ今シーズンも後少ししかブログ登場がないガッキーです( ^)o(^ )

さて、シーズンも折り返しが始まる今日この頃ですが、インストラクター目線での一方的な伝達になってしまいますがご了承頂けると幸いです。

施設利用で毎年どうしても気になるとゆうか危険だなと思うマナーがありまして、安比ゴンドラをご利用されている方は想像つくと思うのですが、スキーヤーで階段を上がる時に左右どちらかの手にストックを持っていると思うのですが、その際!!非常に危険な持ち方をされている方々をこれまでに多数目にしているのが、ストックを2本持つ時にグリップ下を持ち石突きを上げて階段を登られています。

何が危険なのかお分かりになりましたか?

その石突きが下部から階段を上がってくる方の目に刺さりそうになっているんですよ(>_<)

かくゆう自分も幾度かそのような状況になったことがあります。

なので、階段を登られる時は石突が下になるような持ち方をされたほうが良いように思います。

上記のような方がゴンドラに乗車していく姿を拝見すると、誰よりも早く乗車したい動きが見えたり、

また、搬器を1台待てば広々と乗車出来たり、たった1台待つことでそんなに大きく状況が変わらないのに周囲に対して配慮の気持ちを持って乗車することで皆が楽しく過ごせると思うのに、、、

人は誰しも完璧ではないですし自分自身も人として出来ているとは思いませんがなかなか上手くいかないのがこれまた現実のように思います。

今回はどうしても気になっていたことをインストラクター目線としてテーマにさせて頂きました。

次回は何かしら明るい話題を提供できるように努めます有難うございました(^_-)

投稿者: スキー&スノーボードスクール | 日時: 2017.02.16