イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2016.11.22

安比高原から岩手山の溶岩流に行ってきました。

こんにちは!自然学校タカです。

先日お客様と八幡平市にある岩手山の麓の岩手山焼走り溶岩流を見にいってきました。

1732年の噴火の際、標高970m付近から流れ出た溶岩流は噴火口から約3.4kmの焼走りの

駐車場付近の下まで流れてきました。あれから284年経ちますが、木や草が生えてきません。

この溶岩流の面積は150haと記載されています。昭和27年に国から特別天然記念物として指定され

昭和32年、十和田八幡平国立公園の特別保護区として指定されています。

(岩手山焼走り溶岩流フィールドノートより)

dscf6737

私が小学生のころは、歩くルートもなく、ゴツゴツと溶岩流が自然のまま

で、歩き辛かったのですが、今は約1キロの遊歩道ができています。

dscf6738

1キロ歩くと宮沢賢治さんの歌碑もあります。八幡平市には2つの百名山と

焼走り溶岩流と見所が沢山あります。少しずつ紹介したいと思います。

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2016.11.22

2016年11月
« 10月 12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

ブログ内検索

最近の記事

過去の記事