イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2016.01.19

冬の風情

 

全国各地で大雪のニュースが舞う中、安比高原にも待望の大雪が降りました♪

 

そして一夜明けた今日の安比高原ザイラークワッドからの雪景色です。

20160119juhyou01

素晴らしい雪景色が広がっています。

20160119juhyou02

20160119juhyou03

 

四季折々の美しさを『雪月花』といいますが、雪が織り成す自然には

人を惹き付ける魅力があります。

 

そしてその雪にはいろいろな名前があります。

粉のようなサラサラとした細やかな雪は「粉雪」、安比高原の雪は粉雪でスキーに最適です。

うっすらと積もってすぐ溶けてしまう雪は「淡雪」

雪のひとひらが大きな雪は「牡丹雪」「綿雪」

灰のようにふわふわ舞う雪は「灰雪」

 

また雪が降り積もった様子を「銀世界」や「雪化粧」といいますが、

積もった雪で薄明るくなる様子を「雪明かり」

常緑の松の枝葉に積もった雪は「松の雪」ともいうそうです。

 

まだまだ、この美しい雪を表す言葉がたくさんあります。

雪は日本の冬の風物。

スキーやスノーボードなどのウインタースポーツで雪を楽しみ、

リフトに乗っているときは雪景色で冬の風情をお楽しみください。

 

雪のシーズンはこれからが本番です。

 

みっち~

 

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2016.01.19

2016年1月
« 12月 2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログ内検索

最近の記事

過去の記事