イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2015.10.25

晩秋の山のリスクについて

今日の安比高原、この秋最強の寒気が南下し冬を思わせる吹雪となりました。

現在は小康状態となっておりますが、明日の朝は路面の凍結に注意が必要かも

知れません。

さて、そんな今日は今年最後の山旅トレッキングで七時雨に行ってきました。

その模様は後日お伝えしたいと思います。

ところで今日のお題、まずはこちらの写真をご覧ください。

20151025-1

今日の10:00の写真です。七時雨登山道の3合目付近標高約730mです。

次に・・・

20151025-2

11:00頃 8合目付近の写真です。寒気が流れ込むという予報でしたが、

今朝の岩手県内陸地方の天気予報は曇り時々晴れ

降水確率は20%でした。

今日行った七時雨山は標高が1063m。

時より時雨れて雨かミゾレがパラつくかもとは思いましたが、写真のように積もることは

予想していませんでした。

今日の七時雨山、私たちの他にも4パーティーほどの登山者がいましたが

中にはかなりの軽装の登山者も見受けられました。

よく「秋山はいつ雪が降ってもおかしくない」と言われている通りとなりました。

幸いにしてこの後はだんだん風も雪も弱くなり下山時には日の出る時間帯もありましたが

「まさか? この時期の七時雨で雪が積もる?」と思っていた登山者が

今日は大半だったと思います。

私たちのパーティーは幸いにして皆さん、しっかりと防寒対策をしてきて

いただきましたので、山頂にも登頂し、無事下山しましたが、

今日のような天候に対するリスクの甘さを自分も痛感しました。

20151025-3

これからの山登りでは今回のように天候によるリスクの他に

日没時間が早まることにより暗くなるのも早くなることもリスクになります。

午後3時ぐらいを目処に下山できるような山行スケジュールを意識しましょう。

山では地形や方向で4時を過ぎるともう明りが必要な場合も多々出てきます。

寒さに対する万全の準備、余裕のあるスケジュールで残り少ない山のシーズンを

楽しみましょう!

 

~やまんちゅ~

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2015.10.25

2015年10月
« 9月 11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログ内検索

最近の記事

過去の記事