イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2015.05.11

最後のスノーシューツアーは杣角山

10日(日)は今年最後のウィンタープログラム「八幡平・杣角山スノーシューツアー」を開催しました。

昨夜の寒冷前線通過に伴い北西の風が強く、晴れ間の中に黒い雲が湧いてくるような天候でした。

八幡平山頂は濃霧も予想されるため、本日はコンパスワークの体験を盛り込んだプログラムとしました。

参加者はリピーターさん4名、事務所で地図とコンパスを説明したうえで出発

春のsssomakadoスノーハイキング地図

山頂駐車場は雨でなく雪が舞っていました。

気温0度の中、風も強く防寒対策を取り10:30に出発しました。

八幡沼付近まで行くと、なぜかクロカンをしているおじさんに会いました。

「沼は渡れるよ」と言って、向こう岸へ滑って行っちゃいました

我々も「これは行ける!」と急遽横断を決行。 恐る恐る・・・。

でも全然大丈夫でした。(教えてくださった方ありがとうございました。)

八幡沼でバンザイ

八幡沼を渡り、尾根に残る雪渓を歩き杣角山を目指します。

視界は200mぐらいの中コンパスを頼りに歩いて行くと おぉ あれは 杣角山だ!

不安の中で地図とコンパスの楽しさを知った瞬間でした。

杣角山バック

12:45に山頂到着 「集合写真を撮りますよ~」

参加者より「標識もなく、これじゃ写真撮っても杣角山かどうかわからない!」

確かに! と 雪上に「杣・角・山」と書いて見ました。

杣角山山頂

よ~く見たら、奥の方が高いので行って見ました。 ありました三角点!

その時は三等三角点「杣角山」と言いましたが違いました。(すみません) 正式には三等三角点「八幡」です。

1974年以降観測記録が無いので、41年間使われていないことになります。なんだか寂しいです。

杣角三角点

風は弱くなりましたが気温は低いままです。昼食を早く終えて13:15出発しました。

 

ず~と雪とアオモリトドマツの景色ばかり。さすがに飽き飽きして会話も少なくなったころ~

雪渓に陽が差し、アオモリトドマツに付いた小さな樹氷が際立ち、

八幡平らしい風景が目の前にど~ンと現れました!

本日唯一の青空

本日一番の感動の場面でした。 でも本日最初で最後の青空でした・・・。

少し気分が盛り上がり足取りも軽快に八幡平山頂へ到着

八幡平山頂

そのまま見返り峠を過ぎ 15:30予定通りゴール!

でも駐車場に付いたら・・・ APPIカーだけ! 他誰もいない! 今朝30台位いたのに・・・?

 誰もいない駐車場   この後パトロールカーがやってきて、「アスピーテラインは雪で閉鎖しました。」

終日の雪で道路は閉鎖されたにもかかわらずAPPIカーだけ寂しく残されていた訳です。

 

本日を持ち2015ウィンター・スキー&スノーシューバックカントリーツアーを終了いたします。

無事故で終えたことが何より収穫です。

ご参加くださいました皆様のご協力に心から感謝を申し上げます。

引き続きのご愛顧を宜しくお願い申し上げます。

こうちょう

 

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2015.05.11

2015年5月
« 4月 6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログ内検索

最近の記事

過去の記事