イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2014.10.04

紅葉の前森山トレッキングを案内して

昨日は盛岡中央高校単位制様の自然案内をいたしました。

今年は親御さんにも参加いただくために、安比ゴンドラで登り「前森山」から「中のまきば」へ3kmの下りトレッキングを行い、安比高原牧場でバーベキューランチといたしました。

 朝からの小雨と農霧のためトレッキングは一旦諦めてゴンドラに乗車しましたが、降り場付近から霧が晴れてきました。

前森山頂に登ると八幡平・松尾鉱山跡付近にかけて「紅葉じゅうたん」が広がっておりました。 今年の色付きは良いです!

DSC_0009

 

雨が上がったこともあり希望を伺ったところ、半数以上がトレッキングに参加、他の方はゴンドラで下りてブナ林散策となりました。

トレッキングコースはヤマバトコースを「中のまきば」に向かっており始めます。

西森山の紅葉を正面に眺めながら、お喋りしたり写真を撮ったり楽しそうに歩いておりました。

DSC_0013

眼下に「中のまきば」が観えたころ、小雨が降りだしたと思った時  目の前に大きな虹が!!

皆感動した様子でした。

DSC_0015

原生林に入り美しいブナ林付近で少し郷土の自然環境と「薪」で生活していた私の小学生時代の暮らしについて解説をしましたが反応は今ひとつ。便利な電化製品で暮らす日常生活は「薪」でさえ普段はふれることのない非日常となっているようです。

 DSC_0017

でもフカフカで紅葉した落ち葉の山道は美しく気持ちが良かったようです。

 

「普段は山を歩くことがほとんど無い若者たちに非日常を経験させたい」と言っておりました先生からは、紅葉や虹の風景、雨を感じながら完走できた今回の経験は良い思い出になると仰っていただきました。

また私は参加者の中にお子さんと歩く何名かの親御さんが気になっておりました。

お子さんと一緒に歩く姿は「無口の方」や「世話をしながら」とそれぞれ特徴はありますが、各々見られる子供を案ずる仕草にふっと「愛情」を感じておりました。

「子どもと歩きたい」「子供を連れて行きたい」など、いろんな思いがあって一緒に山歩きに参加されたと思います。

平日にも関わらず参加された親御さんの行動力に感銘し、我が子ともっと会話をしようと決めた日でした。

感謝

こうちょう

 

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2014.10.04

2014年10月
« 9月 11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

ブログ内検索

最近の記事

過去の記事