イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2014.06.27

ブナ林で見つけた・・・

先日、ブナ駅の管理人さんからブナ林周辺で見つけたカミキリムシを見せていただきました。

 20140627-kamikirimusshi3

いかつい印象のこのカミキリムシは「コブヤハズカミキリ」といいます。

なんだか覚えにくい名前だな~と思いつつ、由来を調べてみると、

背中にコブがあることと、ヤハズは「矢筈」という棒の先が二股に分かれ、高い所に物を引っかけたり降ろしたりする道具に、尾の形が似ていることからこの名がついたそうです。

 20140627-kobu20140627-yahazu

コブヤハズカミキリは羽が退化して、飛ぶことが出来ません。

退化した理由は飛ぶ必要が無いからです。

その代わりに敵に襲われても大丈夫なように背中が硬くなっています。

棲み家は落ち葉や枯れ木の中で周りの色と同じ体色なので見つけるのが難しいと言われていますが、

安比ではブナ駅手前の道路脇に出没するという情報を管理人さんに教えていただきました。

もし見つけたらコブと尾に注目してみてください!

はたぼー

 

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2014.06.27

2014年6月
« 5月 7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

ブログ内検索

最近の記事

過去の記事