イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2017.01.28

スキーで森へ行こう~スキーで国際交流

本日は良質の雪に恵まれ、ゲレンデもパウダー状態!

そのようなコンデションの中、日本の方と韓国の方を森にご案内しました。

ゲレンデで足慣らししますが、ゲレンデでも20cm程度の新雪。

日本の方深雪フリークですが、韓国の方は深雪は初めてだとのこと。

03

01

ゲレンデの脇でもこの深雪!

あちこちで歓声上がっていました。

04

02

慣れない英語で韓国の方から韓国のスキー事情を聞いてみました。

韓国では日本でいう「深雪」がなく、ゲレンデは人工降雪機で造った固いバーンだそうです。

本日、初めての深雪体験をして、足に新雪があたる感覚を実感していました。

韓国のスキー場は積雪は少ないものの、気温は低く、常時マイナス10度~15度程度、

時にはマイナス30度になることもあるそうです!

安比は「暖かい」と言っていました。

寒がりの方、韓国で滑る際は超防寒を!

韓国の方は日本の深雪や、森の中を滑る「ツリーラン」に憧れているそうです。

日韓外交面においてはいろいろな問題がありますが、

スポーツや自然を楽しむことにおいては国境はありません!

民間レベルの交流が実を結び、友好的な関係になることを望みます。

2018年はピョンチャン冬季五輪が開催されます。

これを機会にもっと交流を深めることができるといいですね!

by Kaz

 

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2017.01.28