イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2016.12.18

雪よ~降れ・フレー

こんにちは!自然学校タカです。

今日の安比高原は暖かく、もう少し冬将軍にがっんばってもらいたいぐらいの気候です。

滑る人には良いかもしれませんね!自然学校でも少しずつスノーシューのお客様も増えてきました。

安比高原の本来の気候に期待したいところです。

安比高原の本来の雪質は秋田県の日本海側から湿った雪が

八幡平にあたり、安比高原にサラサラの雪が降ります。

昨年は秋田八幡平から樹氷ツアー開催しましたが、秋田八幡平の樹氷は大きく、岩手の八幡平側に来ると

少し小さく樹氷が付きます。(雪質がさらさらなためです)

安比高原の立地は良い位置にあります。

自然学校では、12月~3月初めまでは比較的パウダーが楽しめ

3月以降は雪が固まるので、長い距離を歩いたり、滑ったりするツアーが楽しめます。

これも自然に感謝して楽しめるウインタースポーツです。

今年も「スキーで森に行こう」を開催しますが、雪待ちですので少しの間お待ちください。

mori-tateitiimg_5802

2014年のスキーで森に行こうの風景です。

morisuki-pauda-1img_5801

安比の雪が軽いので雪のスプレーが立っています。

morisuki-mauda-2img_5761

条件が良いときは雪が腰位までもぐります。

ガイドが安全なコースを見極めて誘導いたします。

新雪を滑りたい目的のお客様から、家族で林間を滑りたい等、目的は違いますが

お客様のレベルに応じてご案内いたします。

もうしばらくお待ちください。

 

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2016.12.18