イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2016.06.17

もうひとつのドラゴンブルーアイ!?

今日の安比高原は朝から雨模様・・・

ちょっとテンションも下がり気味?

いえいえ!とんでもありません!!

こんなお天気だからこそ!朝一でブナ林へ行ってきました。

20160617-1

予想通り、ブナ林では霧が立ち込めて何とも言えない雰囲気が漂っていました。

20160617-2

雨にしっとりと濡れたブナ林はいつも以上に艶やかさを増しています。

20160617-3

どうでしょう?精霊が佇む森だと思いませんか?

20160617-4

幹を流れる雨…樹幹流も見ることができました。

そして足元に目を向けると・・・

そこにはドラゴンブルーアイが!

20160617-6

正式にはギンリョウソウ(銀竜草)という植物が生えています。

ドラゴンブルーアイと言えば・・・先日までは…

20160617-7

ハイ!ご覧の通り、八幡平の鏡沼の融雪状況が竜の瞳のように見えることから

ドラゴンブルーアイと呼んでいましたが、こちらはすでに雪解けが進んで見られません。

しかし、ブナ林ではもうひとつのドラゴンブルーアイ=ギンリョウソウが見られます!

なぜにドラゴンブルーアイ?

 

それは・・・

20160617-5

ギンリョウソウの雌蕊と雄蕊が竜の瞳のように見えるから!

 

ブナ林のドラゴンブルーアイ、今年は当たり年のようでたくさん見ることができます!

もうひとつのドラゴンブルーアイを眺めにいらしてくださいね!

 

~やまんちゅ~

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2016.06.17