イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2016.05.18

ホーホケキョ♪

ここ数日、安比高原は本当に良いお天気が続いています♪

ブナ林の新緑もまさに萌木色!

1年で一番気持ちの良い気候ですね。

さて、春から初夏にかけて安比高原で良く耳にするのが

ウグイスの「さえずり」です。

新緑の木々とホーホケキョ♪と聞くと何となく高原で爽やかなイメージを

思い浮かべるのは私だけではないと思います。

しかし、そのウグイス、声はするけどなかなか姿を見せてくれません。

英語では「bush warbler(ブッシュ・ウォーブラー)」藪で鳴く鳥と呼ばれます。

20160518-1

そのウグイスの写真が↑こちらです。

ちなみにホーホケキョと「さえずる」のはオスだけ。

お嫁さんを探すのに美しい声でさえずります。

20160518-2

そして無事にお嫁さんが見つかってヒナが孵るとホーホケキョはメスに対して安全だから巣に戻って良いよ!

という合図になるのだとか・・・。

さらに、「ケキョ、ケキョ、ケキョ・・・」と鳴くときは危ないから巣に近づくな!という警戒サインらしいです。

ウグイスのお父さんも家族を守るために頑張っていますね!

 

さらに、雑学ですが・・・ウグイス=フランス語ではロシニョールと言うそうです。

スキーが趣味の方はロシニョールと聞くとスキーの板を思い出す方も多いのでは?

しかし、ロシニョールの板にはウグイスではなく、ニワトリ(雄鶏)が描かれていますよね?

 何でだろう???

 

その辺のことはまた機会を見てお知らせしてみたいと思います! 笑

 

~やまんちゅ~

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2016.05.18