イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2016.05.12

もじゃもじゃのうじゃうじゃ!?

安比高原の桜前線は新幹線のような速さで北上して行ってしまいました。

先日、満開とお伝えした桜たちはもうすでに花びらを落とし、葉桜になっています。

さて、桜が終わると高原にも新緑の季節到来です!

山々が1年で一番輝く季節かも知れません。

そして、今年の新緑はちょっとした楽しみも・・・

何かと言いますと・・・昨年の秋、ブナの実が豊作だったんですね。

と言うことは・・・

20160512-1

この先、安比のブナ林を散策すると・・・写真のようにブナの新芽がもじゃもじゃ!!!

20160512-2

こんな風にもじゃのじゃに芽が出てくるのはネズミやリスなどがブナの種を一か所にまとめて隠す「貯食」という

行動が原因です。秋に何十か所と隠すようなのですが、やっぱり何か所か忘れちゃうようです。

忘れたところにはたくさんの種が土の中にあるので写真のようにもじゃっ!と出てくる訳です。

さらに・・・森の動物たちがたっくさん食べても食べきれないほどの豊作だとすれば・・・

20160512-3

はい! ブナ林の林床がブナの新芽で緑色の絨毯のようになります。

まさにうじゃうじゃと芽生えて来るということになります。

 

ブナはだいたい5年~7年ほどの周期で豊作になると言われています。この初夏はそんな貴重な

ブナの森のもじゃもじゃとうじゃうじゃが見られる貴重な年かも知れません!

 

~やまんちゅ~

 

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2016.05.12