イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2015.03.16

あるぐぅの春は先っちょからやって来る!?

ここ数日お天気の良い安比高原です。

昼間の時間がだいぶ長くなったぁ~!とか

桜の開花予報が発表されたりとか・・・

皆さんもいろいろなことで「春」を感じていると思いますが、

散策路あるぐぅの春は先っちょからやって来る!?

今日はそんなご紹介です。

 

あるぐぅの先っちょとはなんぞや?

先っちょとは「木の枝先」のことでございます!

この時期の木々の枝先には春から初夏にかけて咲くであろう

花の新芽や葉っぱの新芽を見ることができます。

もっとも昨年の秋もこの冬もしっかり先っちょにあったのですが

春が近くなるとその新芽が大きくなり私たちの視界にも入るようになってきます。

その新芽、木の種類によって様々な姿かたちをしていて、これを観察するのが

何気に楽しいのです!

アカマツ3

これはアカマツの先っちょ!

ウリハダカエデ2

このマンゴーみたいな芽はウリハダカエデ

オニグルミ2

何となく今年の干支、ヒツジの顔に見えるのはオニグルミ

コブシ2

ふわふわの高級毛皮を纏っているのはコブシ

シラカバ2

これはシラカバの先っちょ

トチノキ2

ネバネバした先っちょを持っているのはトチノキ

ナナカマド2

尖がっているのはナナカマド

ハクウンボク2

毛で覆われている先っちょはハクウンボク

ホオノキ

サイの角のような先っちょはホオノキ

ミズキ

赤い先っちょはミズキだよ!

ミズナラ2

小さい角がたくさんあるのはミズナラ

ヤマハンノキ3

楕円形の先っちょはヤマハンノキ

ヤマボウシ2

ちょっと面白い形をしている先っちょはヤマボウシ!

 

散策路あるぐぅには、この他にもまだまだ面白い先っちょがたくさんあります。

春らしい陽気の中、スノーシューで春の先っちょ観察はいかがでしょう?

 

~やまんちゅ~

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2015.03.16