イーハトーヴォの四季だより/安比高原オフィシャルブログ

2015.03.15

八幡平・大黒森バックカントリースキーツアー

今日は6名のお客様を八幡平の大黒森までご案内しました。

西森山から屋棟岳を経て大黒森を目指します。

このコースは夏道が無いので雪がある時季にしか歩くことが出来ません。

出発地の西森リフト降り場で集合写真。皆さん気合が入っていますね。

01集合

西森山と屋棟岳の鞍部でスキー板の底にシールを付けます。

シールを付けることで板が後方に滑るのを防ぎ、斜面を登ることができるんですね。

また、山スキー用のビンディングは踵が浮くので非常に歩きやすい仕様になっています。

02シール

鞍部から1時間30分ほどで屋棟岳の山頂に着きました。

岩手山を望む絶好の展望台です。狭い山頂部で記念撮影。

03屋ノ棟

屋棟岳から大黒森までさらに1時間登り、昼食。

いよいよ待ちに待った大滑降です。

斜面は表面が硬く凍った「サンクラスト」と柔らかい雪が混在しているので、スピードの出しすぎに注意しながら滑ります。

04滑降

05滑降

06滑降

皆さん、条件の悪い雪に苦戦しながらも確実にターンしています。

広大な斜面は開放感抜群! 自由自在に滑ることができます。

07大斜面

これからは天候も安定して、まさにバックカントリースキーツアーに最適な季節です。

バックカントリースキーツアーに参加するためには、

①踵が上がるビンディングが付いたスキー板

②リングが大きなストック

③斜面を登る際、スキー板に貼り付けるシール

以上が必要となります。

自然学校では全ての用具を取り揃えておりますので、用具がない方でもレンタルして参加することができます。

ツアーに不慣れな方には事前講習も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

陽光の下、大自然のまん中でスキーツアーを楽しみましょう!

by カズ2

 

投稿者: 自然学校スタッフ | 日時: 2015.03.15