風の詩 星の詩/安比高原オフィシャルブログ

2017.06.15

6/17(土)安比高原6月イベント最終日です!

 みなさんこんにちは、obatatsu です。いよいよファイナルです!
一部に熱狂的ファンを持つ“なまはげトラディション of oga spa 恩荷”!
これを目当てのお客様を集め、ツアーが組まれるほどの人気ぶり。
なんと、安比高原6月イベントでは、何度もご紹介しております、秋田大仙市は“小松煙火工業”さんの、競技大会レベルの本格的花火とともにコラボでライブパフォーマンスをお届け。しかも無料!! 太っ腹です!

  namahage-trd

それでは、なまはげといえばココでしょう。休みは幸い2日間あるし、なんだか安比の天気はさえないし、予習ということで、男鹿半島へGO!です。とりあえず、洗面用具と、バスタオルと上着にパーカー持ってきゃ、なんとかなるべ。とお昼に安比出発です。

170613_143605 170613_143932

ふう。能代まで来ました。とりあえず海が見たくて小休止です。風車が並びます。ハマヒルガオも歓迎してくれます。あと一息。 まずは、ずっと行きたかった“五社堂”を目指します! 

170613_163901 170613_165047 

“一夜にして5匹の鬼が築いたとの伝説がある、石段” を登った先にある、五社堂。正式名称“赤神神社”。
この鬼さんたちがなまはげのルーツらしい…とのこと。
結構たどりつくまでハードな石段です。日頃運動不足の方は要注意です。静まりかえった山の上、辺りの森が独特の雰囲気をかもしだします。 思わず『オヤシロ様ごめんなさい!』と言ってしまいそうです。 うそです。

170613_165735

石段は、結構下りもきついです。がんばりましょう!そして興味のある方、『行きたいと思ってたんだよ!』という方、足腰の達者なうちに是非訪れることをおすすめいたします!

170613_171412 170613_171426 

男鹿半島、どこもかしこもいい景色です!最高です。

170613_181038 170613_174837

そして島端、入道崎です。なんと安比からまっすぐまっすぐ西。北緯40度に位置しております。

170613_184753 170613_191024

“日本海へと消えてゆく夕日” 最高です。感動的です。
では、晩御飯も終え、今日は車中泊です。おやすみなさいましー。 zzz zzz zzz…。

 

うー、さみー(寒いの意)。時計は午前3時…。目がさめると、ちょっと明るくなり始めています。
エンジンをかけ暖房を入れます…。 走ったほうが速く暖ったまるかなとなんとなく発進!
なまはげラインから “寒風山” の標識をみつけ、せっかくだから行こうと愛車78を走らせます。

170614_041415 170614_041847 

いやー時間的にドンピシャ!“日の出”じゃないですか! ああ1日の始まりだー。

170614_042012

170614_044053 170614_053734

途中、“鵜の崎海岸” のトイレを借り、ケータイを充電してる間ちょっと仮眠…。
で、集落に朝を告げる、6時のけたたましい音楽に起こされ、再度ドライブです。
ここ、今回5回くらい通った気がします。朝なので、「まっ、いっかー」 と車を寄せ記念撮影です。

170614_070221

そして、戸賀湾をボーっと眺めておりましたら、8時まえにボーっとフェリーが通り過ぎます…。

170614_075701 170614_075827

やはり泊りがけで来て正解。思う存分お気に入りのポイントで仮眠、日光欲、読書 好き放題です。

170614_103242

八望台でまったり…。そろそろランチタイムです。
へへ、今回の目的の本命、6月の男鹿といえば、これです!

290515-1 290515-1-2

力いっぱい鯛まつり、最高です。お刺身好きにはたまりません!

          170614_121654 いやー、Mission complete です!!

帰路は“八竜”から秋田自動車道(開通区間だけなので、今回は無料です)も使い、3時間ほどで安比到着です。
ということで、週末ははるばる男鹿からのお客様、【なまはげトラディション of oga spa 恩荷】のパフォーマンスをお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

    久々のおまけ
170613_165449
    えっへん。

 

投稿者: 安比スタッフ | 日時: 2017.06.15*

2021年10月
« 7月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログ内検索

最近の記事

過去の記事