風の詩 星の詩/安比高原オフィシャルブログ

2015.09.11

岩泉 龍泉洞(いわいずみ・りゅうせんどう) 行ってきましたー!

こんにちは、obatatsuです。
さて、先日奥州市から幼なじみのご一家が泊まりにきてくれました。

母上様が岩手県民歴うん十年にもかかわらず、「龍泉洞いったことがなーい!」との事で、優し
い娘(?)たちが孫と一緒に連れて行ってあげたいそうな。親孝行だー、と感心したのも束の間。
運転手は私だそうです! しょうがないなーと思いつつ、岩泉はたまに行くけど龍泉洞はしばら
く行ってなかったので、ブログネタにしよう!と行くことにしました。

龍泉洞(りゅうせんどう)はこんなとこ
日本三大鍾乳洞に数えられ、国の天然記念物にも指定されています。研ぎ澄まされた大自然を
秘め
るドラゴンブルーの地底湖と無数の鍾乳石が幻想的な世界へいざないます。 …だそうです。
“ドラゴンブルー” いいじゃないですか、なんか神秘的です!わくわくします。
詳しくはコチラ⇒ http://www.iwate-ryusendo.jp/top.php
それではプロショットの写真をどうぞ!。
img_ryusendo1 img_ryusendo2 
    入り口です。ハイカラな証明がGOODです。         お約束の鍾乳石が芸術的です。

img_ryusendo3 img_ryusendo4
             地底湖の水は限りなく透明で感動的です。第三地底湖の水深は98mとか!

龍泉洞。岩手県の誇る観光地!天然記念物であり、日本三大鍾乳洞のひとつなのであります。
以前ご紹介した“滝観洞(ろうかんどう)” も良かったですが、洞内が広く、歩きやすさという点では
コチラのほうがオススメできます。

では、観光レポートにうつります!
そんな訳で、まずはしっかり朝食をとってもらい、8:30に駐車場で合流し、愛車ナナハチに乗り
換えてもらい、中のまきばで記念撮影です。“はい、あっぴーす!”(9:00)
おっと、チェックアウトの際、フロントで“ワンダーランドチケット※  買ってきたよね?”
龍泉洞へいくなら買っとくべし!(ほか、八幡平フラワーランドや、えさし藤原の郷でも使えます)

untitled
※ワンダーランドチケットとは?https://www.appi.co.jp/wlt

記念撮影後、帰路を考えて東北自動車道・滝沢I.C.に駐車してもらい、龍泉洞へはナナハチで
行きます。給油をし、トイレ休憩をして、さあ出発!(盛岡10:00)
国道455号線で、岩洞湖を眺めつつ、途中休憩をはさみながら岩泉へ。

untitled
国道からそれ、ちょっと寄り道 “うれいら通り商店街”
いつきても良い町です。ほっこりします。大好きなお店がいっぱいあります。
中松屋さんの店先でお団子を買い、となりにある“恋人の聖地” で記念写真です。(11:45)

untitled untitled
   泉の底には“恋人の聖地”の認定プレートが…。       街中をこんなに綺麗な川が流れます!

お昼にしようか迷いましたが、お団子で腹ごしらえしたので先に見学することに!

untitled
             まずは券買所でワンダーランドチケットを入場券に交換してもらいます。

150906_130003 150906_130011
    洞内は年間10℃前後とか。今日は暖かい?    すみませんシロウト写真だとこんなです…。

150906_130008 150906_130021
              ふむふむ、なるほど。         きれーい!深ーい!感激です。

わいわい・キャーキャー言いながら無事に見学を終えました。
この後、向かいの“龍泉新洞科学館”  を見学しましたが、そちらのほうは洞内撮影NGのため、No
Photo です。

この後、龍泉洞土産センターでお土産を買い、2Fのレストランで食事をし、“龍泉洞コーヒー”を
いただき、みんな満足して岩泉をあとにしたのでした。

なるべく早く帰ろうと、往路と同じく国道で盛岡まで行き、滝沢I.C. から東北自動車道を使い、
奥州市へ到着した時刻は17:00過ぎでした。どうです?県南からでも十分日帰りできるように
なりましたよ。おいでませ “岩泉・龍泉洞”

 

【おまけ】
突如、テラスラウンジLECH(レッヒ)にあらわれたこの物体の正体は…?。
近日、WEBにて発表…… するかなあ?。

15091105LECH0

投稿者: 安比スタッフ | 日時: 2015.09.11*

2021年10月
« 7月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログ内検索

最近の記事

過去の記事